外断熱工法とは

  • TOP >
  • 外断熱工法とは

やさしい空気の流れる、外断熱・自然通気工法の家

SPI工法とは、外断熱と自然通気工法を組み合わせたSPI独自の特許工法です。
断熱に優れた断熱材、自然の力を利用した通気工法により夏は涼しく、冬は(地熱を使って)暖かく保つことができます。お家の中を新鮮な自然の空気が流れるので、室内はとても爽やか。冷暖房空調設備にかかるエネルギーを抑えることが出来きました。

夏はすずしい開放型

冬はぬくぬく密閉型

動画でみるやさしい空気の流れる外断熱・自然通気工法の家

夏の場合

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

冬の場合

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

SPI工法の外断熱は、高性能SPI断熱パネルを用いて造ります。
省エネルギー住宅施工のための断熱材「SPI断熱パネル」は断熱・気密・防水・防風の4つの機能を備えております。http://www.spino.jp/about.html

新築SPI工法システムでは、夏期には空気の流れを重要視した、開閉式の床下換気口とトップ排気口を開放して建物内に新鮮な空気を供給し、熱気や湿気は自然に排気します。そのため冷房に要するエネルギーが従来の3分の1以下にできました。
また、冬期には床下換気口とトップ排気口を密閉して、建物内に発生する熱エネルギーや昼間の日射熱の取得でお家の中に自然に熱が蓄積されるので、暖房費は大幅に削減できます。

このような工法を活かして施工をする事で、「夏は涼しく、冬はあったか」で、「優れた省エネ性と耐久性」が可能な弊社の住宅を是非ご検討下さい。

外断熱工法のメリット

1.特別な操作はいりません。

建物内全体を自然に換気できるから、複雑な操作やメンテナンスもなく、ただ普通に暮らしているだけでいいです。

2.断熱性能の低下と劣化の心配がいりません。

断熱材の継ぎ目がテープ張りだけだと、構造材や断熱材の伸縮によって隙間が発生したり、長年のうちにはテープが剥がれてしまう可能性があり心配です。その点、外張り専用のの断熱材「SPI断熱パネル」を使いますと、安心した断熱性能を末永く保つことができるので安心です。

3.小屋裏・屋根裏が快適に広く使えます。

断熱材の内側は、床下から小屋裏・壁の中まで全てに自然の風が流れていますので、その空間を有意義に使うことができます。
※小屋裏利用は、各自治体によって使用できる面積には制限があります

小屋裏収納の家くわしくはこちら

  • 外断熱工法とは
  • 屋根裏収納
  • 屋根・外断熱
  • 水廻り
  • お部屋
  • 外部

お問い合わせ

ブログ