小屋裏収納

  • TOP >
  • 屋根裏収納

熱的境界線内、全てが利用できるので、天井も高くとれます。

他社の収納室を実際に使ってみると・・・
高さ1.4mの中2階にある広い収納庫は、出し入れしにくい、詰め込み、入れっぱなしになりがちです。
また、屋根裏部分は暑くて使えない、入れないのが大きな問題点となっている様です。

2階建てと同じ構造で3階建て並の大きな空間が手に入ります。

2階建なのに天井高2.4mの3階空間ができる家(屋上に出るためのペントハウスの場合1/8以下)

家の中が狭く感じるのは、物入にしまい切れず、あふれ出しているモノが原因の一つです。SPIの屋根裏スペースは、断熱・通気工法のおかげでとても使い易い快適な空間なのです。
日用品のストックや普段使わないモノ、捨てられないモノ等を収納できれば、家の中は「広々スッキリ」快適に暮らせます。また、趣味のコレクション、サブ ルームとしても利用できます。これもSPI工法の屋根断熱・通気施工のお陰で、我が家にとっては大きなメリットとなるはずです。

小屋裏へたっぷりしまえるスペース

※屋根裏空間の利用については、建築基準法により規定が設けられていますので、
 詳しくは担当者にお問い合わせ下さい。

  • 外断熱工法とは
  • 屋根裏収納
  • 屋根・外断熱
  • 水廻り
  • お部屋
  • 外部

お問い合わせ

ブログ